近松祭

    

『曽根崎心中』や『冥途の飛脚』の代表作で知られる江戸時代の劇作家・近松門左衛門は尼崎久々知の広済寺の住職・日昌上人氏と親交が深く、度々訪れては寺の境内裏の部屋で執筆活動をしていたと言われています。その部屋は《近松部屋》と呼ばれ貴重な文化財として現在でも残されております。

10月の末日だったとされる命日にちなみ昭和11年から毎年近松記念館では近松祭を、広済寺では墓前祭が行われ人間国宝の吉田文雀さんらによる文楽公演が上演されます。付近一帯は近松の里として風情を感じれるよう整備され近松ロードと名付けられた商店街も沢山の人で賑います。


 日程     10月 第4・日曜日

 交通     JR塚口駅より徒歩15分

 住所     尼崎市久々知1-4-38  近松記念館

 電話     06-6491-7555 

 時間     11時~16時



    近松の墓

      石像 近松門左衛門


   
         

人形劇

文楽公演の様子


ブログパーツ 制作


                                  



 
    

  

↑ ↑ ↑
マニアックダイカン
ページ解除方法


ユーザー名:daikan
パスワード:●9●2

*パスワードは大貫創業にまつわる
4ケタの数字

この
ページ内のどこかにも
書いてあります

 
LINE
LINEお友達登録
 



HP訪問者数

合計 
本日    
昨日       

スマホホームページ
スマホ用ホームページ

大貫のこだわりのページへ

アクセスのページへ
大貫楽天市場店
大貫本店・楽天市場店
トップページへ

魔法のレストラン

尼崎観光
矢野基金のページへ
兵庫1000%[食]のページへ
ラーメンウォーカーの記事へ
尼崎商工会議所のページヘ
尼崎あんかけちゃんぽんのページヘ
 グルメウォーカーの記事へ
あまから手帖のページヘ
南部再生のページヘ
クリアーアートのページヘ
ページキットへ